1. 無料アクセス解析



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

指標発表予定6/20週

経済指標・イベントカレンダー[20日]
07:00 NZ4-6月期ウエストパック消費者信頼感
08:01 英6月ライトムーブ住宅価格
08:50 日5月貿易収支[通関統計]
14:30 日5月全国百貨店売上高
15:00 独5月生産者物価指数
15:00 山口公明党代表、日本外国特派員協会で記者会見
15:00 リプトンIMF筆頭副専務理事、記者会見、[対日4条協議について、東京]
16:00 日5月コンビニエンスストア売上高
16:45 黒田日銀総裁、講演[慶大三田キャンパス]
17:00 台湾5月輸出受注
18:00 ユーロ圏4月建設支出
21:30 加4月卸売売上高
25:30 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、シンポジウムに出席
26:00 米財務省2年債入札

EU外相理事会


経済指標・イベントカレンダー[21日]
08:25 デベル豪中銀総裁補佐、講演[シドニー]
08:50 日銀金融政策決定会合、議事要旨[4月27、28日分]
10:30 豪中銀、6月理事会議事要旨
10:30 豪1-3月期住宅価格指数
13:00 党首討論会[日本記者クラブ]
13:30 日4月全産業活動指数
14:00 日5月全国スーパー売上高
15:00 スイス5月貿易収支
15:30 清田日本取引所グループCEO、記者会見
16:00 スイス5月マネーサプライ
16:00 南ア4月景気先行指数
17:30 英5月公共部門純借入所要額
17:30 香港5月消費者物価指数
18:00 ユーロ圏6月ZEW景況感指数
18:00 独6月ZEW景況感指数
18:00 英中銀、臨時オペ
19:00 英6月CBI企業動向調査
20:00 トルコ中銀、政策金利発表
20:45 ザ・リテール・エコノミスト米週間小売売上高
21:00 ハンガリー中銀、政策金利発表
21:55 米レッドブック週間小売売上高
23:00 イエレンFRB議長、上院銀行委員会で証言
26:00 米財務省5年債入札
29:30 イエレンFRB議長とルー米財務長官が金融安定監督評議会の公開会合に出席

米企業決算
フェデックス
アドビ

経済指標・イベントカレンダー[22日]
09:30 台湾5月失業率
09:30 豪5月ウエストパック先行指数
10:00 豪5月DEWRインターネット求人指数
12:00 NZ5月クレジットカード支出
16:00 トルコ6月消費者信頼感
16:30 タイ中銀、政策金利発表
17:00 南ア5月消費者物価指数
18:00 スイス6月ZEW経済期待指数
20:00 米MBA住宅ローン申請指数
21:30 加4月小売売上高
22:00 米4月住宅価格指数
23:00 イエレンFRB議長、下院金融委員会で証言
23:00 ユーロ圏6月消費者信頼感[速報]
23:00 米5月中古住宅販売件数
23:30 EIA週間石油在庫統計
26:00 米財務省変動利付2年債、7年債入札
27:30 パウエルFRB理事、講演

時間未定
コロンビア中銀、政策金利発表

 参議院選挙公示

経済指標・イベントカレンダー[23日]
10:30 木内日銀審議委員、石川県金融経済懇談会で講演
14:00 シンガポール5月消費者物価指数
14:00 日4月景気動向調査[改定値]
14:00 木内日銀審議委員、記者会見[石川県]
15:45 仏6月INSEE企業景況感
15:45 仏6月生産アウトルック指数
16:00 仏6月製造業/非製造業PMI[速報]
16:30 独6月製造業/非製造業PMI[速報]
17:00 台湾5月鉱工業生産
17:00 ノルウェー中銀、政策金利発表
17:00 フィリピン中銀、政策金利発表
17:00 伊4月工業受注
17:00 伊4月工業売上高
17:00 ユーロ圏6月製造業/非製造業/総合PMI[速報]
17:30 香港1-3月期経常収支
21:30 米5月シカゴ連銀全米活動指数
21:30 米新規失業保険申請件数
22:00 ベルギー6月企業景況感
22:45 米6月製造業PMI[速報]
23:00 米5月新築住宅販売件数
23:00 米5月景気先行指数
24:00 米カンザスシティ連銀6月製造業活動指数
26:00 米財務省30年債入札

 FRB、ストレステストの結果発表

 英国、EU残留・離脱を問う国民投票

経済指標・イベントカレンダー[24日]
.08:00 カプラン・ダラス連銀総裁、講演
08:50 日銀金融政策決定会合「主な意見」[6月15、16日分]
08:50 日5月企業向けサービス価格指数
14:00 シンガポール5月鉱工業生産
15:36 中曽日銀副総裁、全国信用金庫大会で挨拶
15:45 仏1-3月期GDP統計[確報]
17:00 独6月Ifo景気動向指数
17:00 伊4月小売売上高
17:20 台湾5月マネーサプライ
17:30 英5月BBA住宅ローン承認件数
20:30 トルコ6月景気動向指数
20:30 トルコ6月設備稼働率
21:30 米5月耐久財受注[速報]
23:00 米6月ミシガン大学消費者信頼感指数[確報]

 台湾総統、中南米訪問[7月2日まで]

25日

 アジアインフラ投資銀行[AIIB]、第1回年次総会[26日まで、北京]

26日

 アジアインフラ投資銀行[AIIB]、第1回年次総会[最終日、北京]
 スペイン総選挙

スポンサーサイト
FXトラックバック(0)  コメント(0)

ブレグジット、投票まであと10日。

イギリスのEU離脱問題、「ブレグジット」が問題となってきています。

BritishがExitするかどうか、なのでブレグジットだそうです。

EU内だと移民を受け入れなきゃだから離脱したい…でも離脱すると貿易摩擦やら経済摩擦やらで経済に悪影響…
どっちもどっち、な状況です。

第三者の厳しい目で見ても、どちらの主張にも分があるように感じられる。
残留派は「迷ったら残留へ」と投票を呼び掛けていますが、人の心理としては残留派に肩入れしたくなってしまいます。

しかし、国民投票への動きが加速したのはキャメロンさんの発言が影響したんじゃないかという気が個人的にはしますが。
連立政権樹立で首相に就任したのが2010年、そして人気取りのためか「次の選挙で保守党が単独与党となったら離脱の是非を問う国民投票をする!」と発言したのが2013年、「次の選挙」としていた2015年の選挙はフタを開けてみれば保守党の圧勝でいよいよ国民投票を実施せざるを得なくなったという状況。
それでいて政府としては残留を訴えているというんだから、なんというかキャメロンさんてば身から出たサビ。

キャメロン首相を中心とした残留派は他にオズボーン財務相とキャメロンさんがええかっこしいで言いださなければ連立を継続していたはずの自民党。「離脱は経済的にマイナス、DIY不景気」と訴えていますが国民投票への流れをDIYで作ったキャメロンさんがいくら言ったところで…というレベル。
そして対する離脱推進派は元ロンドン市長のジョンソン議員、ゴーブ司法相や元福祉大臣のスミス議員といった顔ぶれ。EUへの35,000ポンド/週を払わなくていいとか、EUに留まると移民がさらに増えると警告しています。元ロンドン市長が最前面に出てきていることで、都市部の集票が期待されるのではないでしょうか。

日本にとっては対岸の火事、ですが風向きによっては火の粉が降りかかってくる可能性もあり、気になるところです。
注目の国民投票は23日。

離脱ってなったらスコットランドの火種がまた火を噴きそうだし、残留ってなっても移民問題が先送りされるだけだし、どっちもどっち。どうなることやら。




つぶやきトラックバック(0)  コメント(0)

2016年、今年のFOMC、メンバー構成は?

気になったので調べてみました。

FRB(人によってはFedとも)の金融政策決定会合「FOMC(Federal Open Market Committee)」は基本的に6週間ごと、年8回の会合によって米連邦準備銀行としての金融政策を決定します。
国土も広いし地域によって特色も違う、ということで各地区の状況を反映しやすくするために政策決定の投票権を持つのは常任委員6名と各地区連銀総裁から年ごとの輪番で4名の計10名という構成になっています。
この輪番で担当する地区連銀総裁がどういうスタンスなのか、によってFOMCの議決内容が変わってくるためマーケットの受け止め方も大きく変わってきます。いわゆる「ハト派」なのか「タカ派」なのかという色分けです。

ちなみに去年の状況はこちら。
三井住友アセットマネジメントの方のレポートを見つけたので参考にどうぞ。

http://www.smam-jp.com/useful/report/ichikawa/__icsFiles/afieldfile/2015/10/02/irepo151002_1.pdf

これによると2015年の投票権のある委員構成はハト派5人・中立派4人・タカ派1人という穏健とも言えるものだったようです。

では、2016はどういった構成になるのでしょうか。

今年の委員構成はFRBのサイトで公表されています。

http://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/fomc.htm

輪番での委員でのハト派はボストン連銀ローゼングレン総裁だけ、あとはタカ派。

これを一覧表にするとこんな感じ。

ハト派?タカ派?2016


ということで今年の構成はハト派4人・中立派3人・タカ派3人ということに。

まだまだハト派が優勢ですが中立派の投票内容によってはFOMC声明の内容が強含んだものになることもあり得ます。

昨年末の声明と経済見通しでは今年4回の利上げが予定されているとのこと、雇用統計が良かったりインフレ率の動向次第では4回の利上げだけではなく他の金融緩和策を打ち出してくる可能性も。

ということでFRBの要人発言では中立派の理事3人の発言力が増して来そうですので要注意。
ただ、今回参考にしたレポートで中立派とされているタルーロ理事とパウエル理事ですがパウエルさんは去年の利上げ時期について9月あたりから利上げに言及するようになっていたのでタカ派よりの中立派と言えます。タルーロさんはハト派よりの中立派、フィッシャーさんは学者上がりなので風見鶏となる可能性も。
なので中立派で注目なのはフィッシャーさんとパウエルさん。

こういった構成を気にしながらFOMCの声明を読むと違った面白さが出てくるかもしれません。



FXトラックバック(0)  コメント(0)

荒れて始まった2016

気まぐれ更新のブログですが、月2から週1くらいを目指して更新していきたいと思います。
あくまでも願望ですが。

荒れて、というかボラタイルに始まった今年の相場。
例年なら2日から始まる為替も曜日の関係で4日からと株式と同日スタートとなりました。
開けてみたら各市場いきなりの大幅安。
上海株が最も下げた印象、この4日から適用になった新サーキットブレーカーがいきなり発動し第一次制限どころか第二次制限の終日取引停止となりました。これで吸収できなくなったリスクオフの動きがその後の日本市場に押し寄せ中国株の市場が閉まった(規制により閉められた)後からさらに日本株は下落。つられてドル円も…という展開。

その後の4日欧州市場からNY市場にかけてもドル円の下落は止まらず、安値118.69でようやく下げ止まり。
明けて5日は大幅下落が下げ止まっただけの1日で反発するでもなく横ばいの印象。
ドル円に関しては下値を探る展開が続き再度の118円後半、118.78が安値となり119.10前後でのNY17時となりました。

下落したものの2度下げ止まりを見せた118.70-75ラインは昨年の安値8月の115.89とそこからの高値11月の123.75での38.2%水準。
ここを耐えきれないようだと117円中盤も視野に入ってくる。対応としては118.90辺りで買い118.60でストップ。恐る恐るでしか買えません。
短期では118.70-119.70での1円幅の相場。いわゆるトレンドフォローだと119.75抜けてからの買いということになります。
それまでは様子見。申年ということもあり去るものは追わずの精神でゆっくりいきましょう。



未分類トラックバック(0)  コメント(0)

1月4日から9日にかけての指標発表予定


経済指標カレンダー[4日]
01:00 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、講演
07:30 豪12月AiG製造業指数
07:30 メスター・クリーブランド連銀総裁、講演
08:40 東京証券取引所大発会
09:00 シンガポール10-12月期GDP統計[速報]
10:45 中国12月財新メディア製造業PMI
10:50 台湾12月製造業PMI
14:00 安倍首相が外交報告、麻生財務相が財政演説[衆院本会議]
17:00 トルコ12月製造業PMI
17:00 トルコ12月消費者物価指数
17:00 トルコ12月生産者物価指数
17:30 香港11月小売売上高
17:30 スイス12月製造業PMI
17:45 伊12月製造業PMI
17:50 仏12月製造業PMI[確報]
17:55 独12月製造業PMI[確報]
18:00 ユーロ圏12月製造業PMI[確報]
18:30 英11月消費者信用残高
18:30 英11月住宅証券融資残高
18:30 英11月マネーサプライ
18:30 英11月住宅ローン承認件数
18:30 英12月製造業PMI
22:00 独12月消費者物価指数[速報]
23:45 米12月製造業PMI[確報]
24:00 米12月ISM製造業景況指数
24:00 米12月ISM支払価格
24:00 米11月建設支出

経済指標カレンダー[5日]
07:30 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、講演
08:50 12月マネタリーベース
14:00 日12月新車販売台数
14:00 日12月軽自動車・新車販売台数
17:55 独12月雇用統計
18:30 英12月建設業PMI
19:00 ユーロ圏12月消費者物価指数[速報]
19:00 伊12月消費者物価指数[速報]
21:45 ザ・リテール・エコノミスト米週間小売売上高
22:30 加11月鉱工業製品価格
22:30 加11月原料価格指数
22:55 米レッドブック週間小売売上高

経済指標カレンダー[6日]
07:30 豪12月AiGサービス業指数
09:30 台湾12月消費者物価指数
09:30 台湾12月卸売物価指数
10:45 中国12月財新メディア非製造業PMI
11:30 香港12月購買部景気指数
13:00 衆院本会議、各党代表質問
16:45 仏12月消費者信頼感指数
17:45 伊12月非製造業PMI
17:50 仏12月非製造業PMI[確報]
17:55 独12月非製造業PMI[確報]
18:00 ユーロ圏12月非製造業/総合PMI[確報]
18:30 英12月非製造業PMI
19:00 ユーロ圏11月生産者物価指数
21:00 米MBA住宅ローン申請指数
22:15 米12月ADP雇用統計
22:30 加11月国際商品貿易
22:30 米11月貿易収支
23:45 米12月非製造業/総合PMI[確報]
24:00 米12月ISM非製造業総合指数
24:00 米11月製造業受注指数
24:00 米11月耐久財受注[確報]
24:30 EIA週間石油在庫統計
28:00 FOMC議事録[12月15、16日会合分]

経済指標カレンダー[7日]
09:30 豪11月貿易収支
09:30 豪11月住宅建設許可件数
16:00 独11月製造業受注
17:30 独12月建設業PMI
18:00 伊11月失業率[速報]
19:00 ユーロ圏12月消費者信頼感[確報]
19:00 ユーロ圏12月鉱工業信頼感
19:00 ユーロ圏12月業況判断指数
19:00 ユーロ圏12月経済信頼感
19:00 ユーロ圏12月サービス業信頼感
19:00 ユーロ圏11月失業率
19:00 ユーロ圏11月小売売上高
21:30 米12月チャレンジャーレイオフ調査
22:10 ポロッツ・カナダ中銀総裁、講演[オタワ]
22:30 米新規失業保険申請件数
22:45 ラッカー・リッチモンド連銀総裁、経済見通しについて講演
24:00 加12月Ivey購買部協会指数
28:15 エバンス・シカゴ連銀総裁、経済と金融政策について講演

経済指標カレンダー[8日]
07:30 豪12月AiG建設業指数
08:50 金融政策決定会合における主な意見[12月17、18日分]
09:30 豪11月小売売上高
10:30 日11月毎月勤労統計
14:00 日11月景気動向指数[速報]
15:00 南ア12月末外貨準備高
15:45 スイス12月失業率
16:00 独11月鉱工業生産
16:00 独11月貿易収支/経常収支
16:45 仏11月貿易収支
16:45 仏11月鉱工業生産
16:45 仏11月製造業生産
17:00 台湾12月貿易収支
17:00 トルコ11月鉱工業生産
17:15 スイス12月消費者物価指数
18:30 英11月商品貿易収支
22:30 加11月住宅建設許可
22:30 加12月雇用統計
22:30 米12月雇用統計
24:00 米11月卸売在庫
24:00 米11月卸売売上高
25:30 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、講演
27:00 ラッカー・リッチモンド連銀総裁、講演
29:00 米11月消費者信用残高

9日
10:30 中国12月消費者物価指数
10:30 中国12月生産者物価指数

*時間は全て日本時間。予定・未定を含む



FXトラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。