1. 無料アクセス解析



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

ブレグジット、投票まであと10日。

イギリスのEU離脱問題、「ブレグジット」が問題となってきています。

BritishがExitするかどうか、なのでブレグジットだそうです。

EU内だと移民を受け入れなきゃだから離脱したい…でも離脱すると貿易摩擦やら経済摩擦やらで経済に悪影響…
どっちもどっち、な状況です。

第三者の厳しい目で見ても、どちらの主張にも分があるように感じられる。
残留派は「迷ったら残留へ」と投票を呼び掛けていますが、人の心理としては残留派に肩入れしたくなってしまいます。

しかし、国民投票への動きが加速したのはキャメロンさんの発言が影響したんじゃないかという気が個人的にはしますが。
連立政権樹立で首相に就任したのが2010年、そして人気取りのためか「次の選挙で保守党が単独与党となったら離脱の是非を問う国民投票をする!」と発言したのが2013年、「次の選挙」としていた2015年の選挙はフタを開けてみれば保守党の圧勝でいよいよ国民投票を実施せざるを得なくなったという状況。
それでいて政府としては残留を訴えているというんだから、なんというかキャメロンさんてば身から出たサビ。

キャメロン首相を中心とした残留派は他にオズボーン財務相とキャメロンさんがええかっこしいで言いださなければ連立を継続していたはずの自民党。「離脱は経済的にマイナス、DIY不景気」と訴えていますが国民投票への流れをDIYで作ったキャメロンさんがいくら言ったところで…というレベル。
そして対する離脱推進派は元ロンドン市長のジョンソン議員、ゴーブ司法相や元福祉大臣のスミス議員といった顔ぶれ。EUへの35,000ポンド/週を払わなくていいとか、EUに留まると移民がさらに増えると警告しています。元ロンドン市長が最前面に出てきていることで、都市部の集票が期待されるのではないでしょうか。

日本にとっては対岸の火事、ですが風向きによっては火の粉が降りかかってくる可能性もあり、気になるところです。
注目の国民投票は23日。

離脱ってなったらスコットランドの火種がまた火を噴きそうだし、残留ってなっても移民問題が先送りされるだけだし、どっちもどっち。どうなることやら。




スポンサーサイト
つぶやきトラックバック(0)  コメント(0)

日曜日は衆議院議員選挙

この日曜日は衆議院議員選挙。
大義名分のない選挙、なんて言われていますが確かに何のために解散したのか?と思うところがなくはない。

安倍首相にとっては現政権への信任を得るため、消費税増のために、という名目はあるんでしょうが。
争点をはっきりと明示していない以上、これで当選して信任を得られたから消費税を上げます!というのはちょっと違う気がします。
かと言って他に投票先があるかといえば…そういうわけもなく。
消去法での選別にならざるを得ないところ。

アベノミクスということで、たしかに円安になり株高になり見た目は経済が活性化しているんでしょうが、賃金が上がったかといえばそうではなく、かつ消費税増に加えて税控除がなくなり手元に残る金額は逆に減っているのが実情です。

ということは…?相場で稼ぐしかない。
特に狙い目はここの所動きの激しい日経平均先物。
商品先物のように限月の納会日が決まっていて、その納会日への動きが顕著になるというのも動きを見やすいポイント。
いろんな会社で取引できますが…こういう時は上場企業のもので、という信頼性に頼るのがセオリー。
そこを基準に見ていくとかなり絞り込みができくるのではないでしょうか。



つぶやきトラックバック(0)  コメント(0)

公金横領でFXへ投資、再び発覚。

何年かに1度は報道される「会社のお金を横領してFXに投資」という事件。
"横領して株式投資へ"なんて記憶にないのはなんでだろう。
どうしてもFXはリスクが高いんだよ、詐欺まがいなんだよというサブリミナル効果を狙っているとしか思えない。
リスク高いのは否定しないが。

そして今回の事件。


ニュージーランドに出向中、現地の経理担当だったのをいいことに架空の請求書を切って自分の口座に振り込ませて総額6億円を横領したそうで。
FXに投資してほとんど残っていないと供述。逆にFXに投資して10億円になってます、ならどうなったんだろうとか考えてしまう。
ここで気になるのがこの容疑者がオーストラリアのFX業者を使っていたということ。
日本はレバレッジ規制の影響で25倍となっているのだけど、一部の海外業者ではレバレッジ規制がないことでなんでもアリな状況。
イギリスとか香港とか、それこそ件のオーストラリアとか。小さいところではマルタだのキプロスだのもそう。

そういえば無制限レバから50倍へ規制されたのってこの時期だったような。さらにその翌年には現行の25倍へ、という規制。
その後からずっと円高なのはレバレッジ規制が少なからず影響していると思うのは間違いではないはず。
もともとのレバ無制限なのが異常なだけで、適正な状態になったという見方もあるかもだけど。

でも、金融庁さん。そろそろ25倍やめて50倍くらいにしませんか??


  
つぶやきトラックバック(0)  コメント(0)

ポスティングから見た為替

ダルビッシュ投手が9回2アウトまでヒットを打たせないという"ほぼ完全試合"、メジャーリーグでの開幕2戦目…なんで開幕投手に指名してくれなかったとか、なんでWBC出てくれなかったとか声が聞こえてきそうですが、そこはオトナの事情がなにかあったんでしょうねぇ。

ということでオトナの事情の話を別の側面から見てみたいと思います。
ダルビッシュ投手、2011年オフにポスティングシステムを利用しTEXと契約、6年契約で出来高含む総額6000万ドルと大きく報道されました。
このポスティングシステム、日本球界から米球界への道を広げようと1998年に創設され、これまで13人の選手の移籍が実現しています。
競争入札方式で選手との契約権が競売にかけられ、この制度を利用して選手契約が成立した場合にはその入札金額すべてが旧所属球団へ支払われるというもの。

ダルビッシュ投手の場合には2006年に実施された松坂投手を上回る5170万ドルでの入札によりテキサスレンジャーズが交渉権獲得となりました。日本ハムへはこの5170万ドルが支払われ、球団としても企業としても大きな恩恵に浴することとなり「恩返し」も「日本球界最高額」となったのでした。

ん?果たしてそう?確かにそれまでの記録は松坂投手の5111万ドルだったけど。

さて、ここから為替の話ですよ。

為替の話ということは?もうお気づきですね。

松坂投手移籍のポスティング時は2006年。選手契約成立は2006年12月。
ダルビッシュ投手のポスティングは2011年、選手契約成立は2012年1月。
ドル円チャート、月足と見比べてみましょ。
2006年12月のドル円は115-119円台というレンジ。
2012年1月のドル円は76.2-78.2円というレンジ。

さて、掛け算。
松坂投手5111万ドル入札、ドル円115-119…ざっくり117.5円。
ダルビッシュ投手5170万ドル入札、ドル円77.5-79.3…ざっくり77.2円

円換算では?
松坂投手…60.8億円
ダルビッシュ投手…46億円

ポスティングでは入札を受けた選手の旧所属球団が入札金額を総取りできるシステムなので、「恩返し」という点では松坂投手のほうが貢献度ははるかに上ということになりますね。
ただ、それがどう還元されたのかは闇の中。両選手移籍後の旧所属球団の成績を見ていると上手く還元できたのが日本ハムのような気がしますが。



つぶやきトラックバック(0)  コメント(0)

隣人注意

昨年夏に世代交代なのか代替わりが起こり先鋭化を強める北朝鮮。
まぁ、就任したばかりで実績なのか手がかりなのかが欲しいところなんでしょうが。
これまで国内向けがメインだったような気もするけど、金正恩第一書記の就任1年を前にしてさらにその姿勢を強めてきています。

http://www.cnn.co.jp/world/35030209.html
(CNN) 朝鮮中央通信(KCNA)は30日、北朝鮮が隣国韓国と「戦争状態」に入ったと伝えた。

まぁ、休戦状態だっただけでもともと戦争状態だったんじゃないのお隣さんがた?というツッコミは置いといて。
そんな横でドンパチやられてしまったらアベノミクス円安もたまったもんじゃないでしょう。
もう1軒先のお隣さんからPMなんちゃらが飛んでくるとか黄砂がどうとかでひとしきり騒がれたことは喉元すぎたとは言え記憶には新しい。それよりも近いところから何か飛んでくるとかってなったらさらに…
今までの経緯からすると何もなしで終わりそうな気もしますけど。


つぶやきトラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。