1. 無料アクセス解析



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

ハング・パーラメント

来月5月6日に総選挙を控える中で隣国アイスランドの火山が噴火し、降灰と領空封鎖による航空機の飛行制限で経済低迷への懸念が益々高まるイギリス。
最新の世論調査(17日、英メールオンサンデー紙)では自民党32%、保守党31%、与党労働党28%という結果に。これでどの政党も過半数に達しない「ハング・パーラメント」となる公算がさらに高まっている状況になっています。
 2008年の米オバマ大統領当選でのチェンジ、2009年の日本での政権交代につづき2010年もチェンジとなる確率が高まっていますが、それと前後して日本では再度のチェンジがあるやも、という状況になりつつあります。鳩山首相はオバマ大統領から「Can you follow through??」といわれたそうですが、その時に鳩山首相は何と返したんでしょうか…
 日本国民の誰しもが「No, he can't」だと知っていると思いますが。。

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


スポンサーサイト
FXトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。