1. 無料アクセス解析



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

ようやく、雇用統計

いよいよ今夜は雇用統計。

水曜の夜にGDPが前期比+4.0%での発表がなされてから一気に上昇したドル円、一時103円台をつけることがあったもののその後は102.80前後での推移が続いている。
雇用統計待ちということになるが、周囲の環境としては今朝のNY株が317ドル安と半年ぶりの大幅安となって引けているのにもかかわらずドル円はじめ為替は無反応…つまり雇用統計が悪ければ大きく下落しそうな雰囲気が漂う。
いずれにしても日中は102.70-102.85程度で張り付きになる可能性が高く、レンジを意識しての取引に徹する、そして雇用統計でヨーイドンの流れに乗りたいところ。

肝心の数字だが、ADP統計が前回28.1万人/今回の市場予想23.0万人/発表値21.8万人というものがひとつの目安になる。
今夜の発表が20万人を下回るようだと素直に売りでいいだろうし、25万人を上回るようなことがあれば買い、その間だと…?様子を見つつという気持ちで臨みたいところ。


  
スポンサーサイト
FXトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。