1. 無料アクセス解析



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

節分天井彼岸底は本当か?


相場格言にもいろいろあります。
「頭と尻尾はくれてやれ」「まだはもうなり、もうはまだなり」「押し目待ちに押し目なし」「閑散に売りなし」
どれもこれもたしかにそう、と思い当たる節があるのでは。
そんな中で今日の注目は「節分天井彼岸底」というもの。
2/3の節分近くに高値をつけた相場が3/20前後の彼岸には底を打つ、高値に警戒すべしというもの。

これ、本当にそうなのでしょうか?
ということで調べてみた。過去5年ぶん。
2010 2/3 89.9 3/20 92.4
2011 2/3 82.1 3/20 81.3
2012 2/3 76.6 3/20 83.2
2013 2/3 92.1 3/20 94.9
2014 2/3 101.2 3/20 102.2

あれれ?どうした相場格言。
しかも2011は直前に大暴落とそれによる為替介入があったから例外と言えば例外だし。
これでは節分底彼岸天井になってしまう。

なんでこうなってるの?というのは「相場格言」なるものが流行り出した当時が高度経済成長期の1960年代だったからとか、最近では3月決算が重要視されず四半期決算での好悪判断が織り込まれていくとか、株式でも先物取引主導の動きになりやすいからとか、いろいろあるんでしょうがそういう分析は専門家に任せることにして。

逆に考えると、今から買うと3月末にはプラスになっている公算が高いわけで。
めったにない口座開設のタイミング。

ということで以下、FXでの取引口座開設キャンペーンをいくつか見てみましょう。

・マネースクウェアジャパン


・マネーパートナーズ


・フィリップ証券


気づいた時が始め時!
スポンサーサイト
未分類トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。