1. 無料アクセス解析



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

荒れて始まった2016

気まぐれ更新のブログですが、月2から週1くらいを目指して更新していきたいと思います。
あくまでも願望ですが。

荒れて、というかボラタイルに始まった今年の相場。
例年なら2日から始まる為替も曜日の関係で4日からと株式と同日スタートとなりました。
開けてみたら各市場いきなりの大幅安。
上海株が最も下げた印象、この4日から適用になった新サーキットブレーカーがいきなり発動し第一次制限どころか第二次制限の終日取引停止となりました。これで吸収できなくなったリスクオフの動きがその後の日本市場に押し寄せ中国株の市場が閉まった(規制により閉められた)後からさらに日本株は下落。つられてドル円も…という展開。

その後の4日欧州市場からNY市場にかけてもドル円の下落は止まらず、安値118.69でようやく下げ止まり。
明けて5日は大幅下落が下げ止まっただけの1日で反発するでもなく横ばいの印象。
ドル円に関しては下値を探る展開が続き再度の118円後半、118.78が安値となり119.10前後でのNY17時となりました。

下落したものの2度下げ止まりを見せた118.70-75ラインは昨年の安値8月の115.89とそこからの高値11月の123.75での38.2%水準。
ここを耐えきれないようだと117円中盤も視野に入ってくる。対応としては118.90辺りで買い118.60でストップ。恐る恐るでしか買えません。
短期では118.70-119.70での1円幅の相場。いわゆるトレンドフォローだと119.75抜けてからの買いということになります。
それまでは様子見。申年ということもあり去るものは追わずの精神でゆっくりいきましょう。



スポンサーサイト
未分類トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。