1. 無料アクセス解析



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

曲折どころかBIG3救済法案、廃案へ・・・

 すごい1日でしたね。13年ぶりのドル円ということですから、FXが始まって初めてのことになるんでしょうか。法案否決と廃案の見込みというのが伝わるとあれよあれよと言う間の急落。最近の雇用統計なんかの指標直後でもここまでの動きはなかった気がします。
 これからの焦点は金融安定化法案の中からの支援ができるのかどうかと、FRBからの融資があるのかどうか。ポールソンさんはリーマン破綻時に頑として公的資金投入に同意しなかった経緯があるので今回も首を縦に振りづらい状況。どちらかと言うと可能性があるのはFRBからの融資なのかな、という気もしますがそれも5%以下といった低い状況。仮に破綻となると株安とさらなるドル安は避けられず85円どころか80円割れということもあり得ます。
 ドル円の短期では今回の下げで一応の達成感から買われるという局面があるでしょうが、90円台のロングはもはやリスクが伴うようになってきました。89円前半でのロングか91円手前でのショートで様子見、といったところでしょうか。ところで知り合いのディーラーが年末までにEUR/USD1.37、EUR/GBP0.91と言っていましたが・・・みなさんどう思います?

にほんブログ村 為替ブログへ 

スポンサーサイト
つぶやきトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。